2005年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

〈ワム!〉 “ 80’s 12インチ・シングルレコード・コレクション”

12インチ・シングルレコード☆

ワム!
WHAM! / FREEDOM
このレコード・ジャケットは『ワム!』の“フリーダム”です♪

『ワム!』は、当初、あきらかにアイドルとして売り出されました。
実際、ルックスいいし、ポップでソウルフルな曲でとても聴きやすく、ティーンエイジゃーの心をキャッチするに十分な二人組だったんです。

ただ、ジョージ・マイケルの予想を超えた才能と歌声が開花しちゃって、出す曲出す曲、大ヒット!
アイドルの域、超えちゃったんですね。
日本でも当時、マクセルのカセットテープのCMに出演してました。
結局、三枚のアルバムを出すのみで解散し、その後、ジョージ・マイケルはソロでも大活躍しています。

これは“小林克也さん情報”なんですが、シャイで気の小さいジョージをアンドリューやまわりの関係者が説得して活動してたらしいんですよ。
でも、いつしか自信をつけてしまったジョージは「俺のおかげで売れとるんだがや。 アンドリューなんかとやっとれーせん。一人で十分だて!」
と名古屋弁では言ってないとは思いますが、まっ、そんな感じだったらしいです。

でも、今、アルバム聴いてもとても素晴らしいし、実際、ドラマとかでも使われてますし、「ラスト・クリスマス」はクリスマスソングの定番ですもんね。

当時の彼女がジョージ・マイケル好きでねぇ。
で、ジョージ似の僕と付き合ってたんですよ(嘘。似てないです。大きく出すぎました。。)

ちなみに現在、アンドリューは『バナナラマ』のカレンと仲良く暮らしてるそうです(^^)


『ワム!』“フリーダム”のPV動画をどうぞ。。
スポンサーサイト

| 80's 12inch singles | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

〈カルチャークラブ〉 “ 80’s 12インチ・シングルレコード・コレクション”

80'sの女性シンガー第三弾ということで、今日は『カルチャークラブ』を☆
って男じゃん!

ポイズンマインド
CHURCH OF THE POISON MIND

ミスミー/イッツアミラクル
MISS ME BLIND / IT'S A MIRACLE

カーマカメレオン
KARMA CHAMELEON

ウォーソング
THE WAR SONG


きれいですよねぇ。

男と知ってても、初めて写真見た時は惚れてまったですよ(笑)

その後、当時の雑誌で、ロンドンの教会を改造したディスコでDJやってる写真見て、あまりの顔のでかさに100年の恋もさめてしまい、もうソフィーマルソー一筋でいこうと心に誓った18歳の僕でした。。


なんか、ボーイ・ジョージって日本が好きなのか、興味があったのか、よくレコード・ジャケットやプロモーション・ビデオに日本語や(間違った)日本の文化を取り入れておりました。

一番上の“ポイズン・マインド”のジャケットにかたかなで〈カルチャークラブ〉って入ってます。
二番目の“ミス・ミー/イッツ・ア・ミラクル”の12インチは日本盤のせいか、日の丸をあしらった着物(ゆかた?)もどきを着ています。

ビデオの“ミス・ミー”はお城のふもとで『ムエタイ』やってましたからねぇ(笑)

武士の時代に、まだK-1やっとらんちゅーの!(笑)


『カルチャー・クラブ』“ポイズン・マインド”のPV動画をどうぞ。。

| 80's 12inch singles | 23:36 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

〈マドンナ〉 “ 80’s 12インチ・シングルレコード・コレクション”

本日は『マドンナ』の12インチ☆

自分のコレクション3枚紹介しま~す。

ボーダーライン
MADONNA / BORDERLINE

マテリアルガール
MADONNA / MATERIAL GIRL

イントゥザグルーヴ
MADONNA / INTO THE GROOVE

3枚ともなかなかおしゃれなジャケットでしょ?

まだマドンナ可愛い頃です☆

この後、だんだん“ハレンチ”になってきます(笑)

今は“マッチョ”だし。。


そのマドンナが最近、新曲を出したみたいで、アバの“ギミー・ギミー・ギミー”をサンプリングで使ってます。(でも、曲名は知らんとです。。)

アバはカバー曲で使うのはいいみたいなんですが、サンプリングで使うのはダメらしいんです。

マドンナには唯一許してくれたみたいですよ。


ところで、マドンナって“やんちゃ系男”が好きなんですよね。

ショーン・ペンとかデニス・ロドマンとか。

ホントはロドマンじゃなくて、当時、NYニックスのスタークスって選手目当てにNBAの試合観にいったんだけど、ロドマン見て、一目惚れしちゃったらしいすよ。。


『マドンナ』“イントゥ・ザ・グルーヴ”のPV映像をどうぞ。。

| 80's 12inch singles | 22:34 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

“ 80’s 12インチ・シングルレコード・コレクション”

今回は『シンディ・ローパー』の“ハイスクールはダンステリア”12インチシングルです☆

シンディ
GIRLS JUST WANT TO HAVE FUN

今は、英語の題名そのままっていうのが一般的ですが、80年代あたりまでは原題無視した日本語の題名をつけてあるのも多かったですよね。

ワム!の“ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ”とか、クィーンの“地獄へ道づれ”とか、ラバー・ボーイの“それゆけウィークエンド”とか、今聞くとと笑えてくるような題名もありますが、総体的に上手につけてあるんですよ。
覚えやすいというか、曲のイメージができるっていうか。
そういう言葉を作るセンスを持った人が昔は各レコード会社におったんですねぇ。
今はいないって言ってる訳じゃないんですよ。
今は必要ないんでしょう。
英語のまんまの方がかっこいいし、今はかえって邦題にした方が違和感あるわね。

90年代に入って、もうさすがに邦題はないわなぁって思ってたら、トム・ジョーンズの曲で“恋はメキメキ”っていうの出してきたんですよ。
この時は、笑えたと同時にしびれました(笑)

このシンディの邦題もいいですよね?

曲も大ヒットしましたし、彼女は今でいう“キモ可愛い”キャラで愛されました。

元気もらえましたしね(^^)


『シンディ・ローパー』“ハイスクールはダンステリア”のPV動画をどうぞ。。

| 80's 12inch singles | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

“ 80’s 12インチ・シングルレコード・コレクション”

《80's 12インチ・レコードコレクション》

ただ自分が持っているレコードを紹介するだけなんですけどね(^^;

とりあえず、最初に断っておきますが、僕はミーハーです。

で、雑食なんでなんでも聴きます。

なんで、こいつこんなのも持っとるんだてというのもあるかもしれませんので、楽しみにしといて下さいね。

というわけで初回からしばらく間は、僕の持っている12インチシングルレコードを紹介したいと思います。

今日は<夢の共演 12インチシングル>をご紹介☆

まずは『デビッド・ボウイ&ミック・ジャガー』の“ダンシング・イン・ザ・ストリート”です。

Dボウイ&Mジャガー
DAVID BOWIE & MICK JAGGER

これはカバーなんですが、原曲は当時、人種差別の強いアメリカ国内では放送禁止だったっていう、いわくつきの曲です。
黒人が高揚するって事だったらしいですが、今では考えられんですね。

余談ですが、僕は“金太の大冒険”が放送禁止になった時は当時、悲しかったですねぇ。
レコード買っときゃよかったな~。もう手に入らんよね?
でも、この前、『探偵ナイトスクープ』で石田クン達が歌ってました(笑) 
もう解禁なんだね。

話は戻って、プロモーションビデオもめっちゃんこかっこよかったですよね。
絵になる二人ですから☆
オーラとオーラのぶつかり合いって感じでした。

二人は昔、一回だけ寝たって噂聞いた事あるけどホントなんすかね?
なんか二人だと許せるから恐い。。


さて、続いては『マイケル・ジャクソン&ポール・マッカートニー』の“セイ・セイ・セイ”です。

マイケル&ポール
MICHAEL JACKSON & PAUL McCARTNEY

マイケルがスリラー出して、スーパースターになってからのコラボだったので、このコンビもインパクトありましたね。

プロモーションビデオは80'sお得意のストーリー仕立てで楽しかったです。

まだ、肌黒いですし(笑)

ジャケットでは仲良くお手手つないでますが、のちにマイケルがビートルズの版権買って、オノ・ヨーコも巻き込んでモメてたっす(TT)

マイケルもホリえモンと同じで何でも欲しがるなぁ。。
お金持ちの習性でしょうか??


『デビッド・ボウイ&ミック・ジャガー』の“ダンシング・イン・ザ・ストリート”のPV動画をどうぞ。。


『マイケル・ジャクソン&ポール・マッカートニー』の“セイ・セイ・セイ”のPV動画もどうぞ。。

| 80's 12inch singles | 22:15 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

LIVE AID

今年、『LIVE 8』っていうアフリカの飢餓を救済する野外ライブイベントが行われましたよね?
UKのミュージシャンが集まって“Do They Know It's Christmas?”って曲もリメイクして、その売上金もすべて飢餓救済に使われました。
その活動の原点のライブイベントが'85.7.13に行われた『LIVE AID』です。

20年前、当時のUKの人気ミュージシャン達がボブ・ゲルドフの呼びかけにより集結し“Do They Know It's Christmas?”をレコーデングし、売上金はアフリカの飢餓救済に使われました。
その後、その活動はアメリカのミュージシャン達をも動かし“We Are The World”のレコーディング、そして『LIVE AID』開催へと繋がっていったのです。

ロンドンのウェンブリー・スタジアムとフィラデルフィアのJFKスタジアムの二カ国同時開催、そして三大陸同時生放送って事で、日本でもフジテレビ系で生放送されました。

ライブエイド
WEMBLEY STADIUM / LONDON

楽しみにしてた放送はっていうと、歌ってる途中でCMは入るわ、日本のミュージシャンの歌や話が入るわで、それはそれは観れたもんじゃありませんでした(怒)
みんなそのまんまの映像が観たかったんですわ(涙)
今なら多分、BSとかWOWOWでそのまま流してくれるんでしょうけどね。

でも、貴重なライブだったもんで、ずっと永久保存版ビデオで大事にとってあったんです。

けど、ちょうど一年くらい前にDVD『LIVE AID』が出たんですよ☆

ライブエイドDVD
DVD / Warner Music Japan

もちろん、そっこーで買いました♪

20年越しでようやくすべてを観る事ができました(笑)

マドンナもまだ初々しくて可愛いし、デュランデュランもかっこえーな~。
ハワードジョーンズやホール&オーツも大好きだったなぁ。。
ポールやミックやDボウイも…いいライブだぁ。。しあわせ。。

何より嬉しいのは、フレディ・マーキュリーのまだ元気な姿を観られることです(^^)

数いるミュージシャンの中でクィーンの時が一番お客さん盛り上がっとった気がする☆☆

故ダイアナ妃
左から故ダイアナ妃、チャールズ皇太子、ボブ・ゲルドフ


“Do They Know It's Christmas?”(彼らはクリスマスを知っているのか?)

僕ら、幸せですよねぇ?
こうやって、普通にブログ読んだり書いたりとかできるし、贅沢言わんかったらご飯食べれんことはないし。

僕に飢餓の人達に何かできるとか、大きな事ができる訳ではないんですが、せめてまわりの人に喜んでもらうくらいの努力はせなかんわね(^^;

ちぃさなことからこつこつと。。

ライブエイド
行けるもんなら行きたかったぜ。ろんどん。。


『ライブエイド』“ウィ・アー・ザ・ワールド”ライブ映像をどうぞ。。

| 80's DVD | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ポール・アンカ 』 80'sを唄う♪

あの“ダイアナ”のポール・アンカが80's SONGをカバーしたアルバムがあるというのを女房が知り、さっそく買ってきました。

ポール・アンカ
PAUL ANKA / ROCK SWINGS

ホントにポール・アンカが唄ってるの?って曲ばっかでビックリ!?

バン・へイレンの“ジャンプ”をポール・アンカが唄うって想像できます?

他にどんな曲やってるかというと

ボン・ジョビ<イッツ・マイ・ライフ>  サバイバー<アイ・オブ・ザ・タイガー>
ビリー・アイドル<アイズ・ウィズアウト・フェイス>
ペット・ショップ・ボーイズ<哀しみの天使>
マイケル・ジャクソン<ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール>
ライオネル・リッチー<ハロー>  スパンダー・バレエ<トゥルー> etc.

これ見ただけで聴いてみたいと思いません?(^^)

それが実に素敵にスウィングしてるんですよ♪

ジャズっとるんだて~♪♪

これはひとえに企画力とアレンジの素晴らしさだとは思うんですけど、時代を越えて新しい世界に挑戦する『ポール・アンカおじさん』と時代を越えた『名曲』がみごとにコラボしたからこそ生まれた作品なんですよ。
おじさまの、この“かっちょいぃ”アルバムをぜひ聴いてみて下さい☆

すっごい心地いいんで《秋の夜長》に最高だわね♪


| 80's CD | 22:45 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

電車男 “TWILIGHT”

ちょっと遅ればせながらですが、ドラマ『電車男』が終わりましたね。
僕もそうなんですが、普段、ドラマなんか観んのだけど、これだけは毎週かかさず観てたっていう方も多かったのでは?

その『電車男』のオープニング曲に使われてたのがELOの“TWILIGHT”でした。
あのイントロ聴いただけでゾクゾクしますよね。

中学に入学して、ベイシティローラーズ、キッス、クィーンなどの洗礼を受けて洋楽に目覚めてしまった私は、80年代に入っても聴き続けた《ベストヒットUSA》世代であります。
レコードも当時からコツコツと2000枚以上集めたんですが、現在は女房とマンション暮らし。
レコードは実家に置いたまま聴きたくても聴けれーせん(TT)

でも、ここ数年、ドラマやCMなんかで80's サウンドがよく流れてて、懐かしくてCDを買い直して聴いとります。

ELOも懐かしくて懐かしくて、つい買ってまいましたぁ♪

『電車男』に便乗したと思われる白いジャケットのベスト盤がたくさん店頭に並んでたんですが、
「曲数少ね~!」って事で以前から発売されてた2枚組CD(なんとさっきのCDとほぼ同じ値段!!)を買いました♪

ELO
LIGHT YEARS : THE VERY BEST OF ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA

さすがに38曲入ってるんで、聴きごたえありますよ~☆

うちのスタッフの若い子なんかに「あの電車男の曲って昔の曲なんだよ」って言うと、たいがい「じゃあ、カバーなんですか?」って聞かれるぐらい、時代を超越した音作りしてて、ELO知らん人が聴いても、全然違和感なく聴けますよ。
これからのシーズン、ドライブにも最適だわね(^^)

でも昔の音楽聴くと、当時の出来事とか思い出したりせーへん?

僕はするなぁ。。 

あんな事やこんな事。。。ムフフフフ
ELO “TWILIGHT” PV映像はこちら クリック ↓

| 80's CD | 22:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。