PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

とりあえず最終回? “ 80’s 12インチ・シングルレコード・コレクション”

無理やり!?“最終回”の今日は、<80's 女性ボーカル・グループ編>

まずは『ネーナ』“ロックバルーンは99”
ネーナ
NENA / 99 LUFTBALLONS

『ネーナ』はドイツ人のアーティストで“ドイツ語”の歌詞のまま、彼女は4人のバックバンドを従え、果敢にアメリカにチャレンジしていきました。
“外国語”でのチャート1位を取れば、なんと'63年のわれらが『坂本 九』の“スキヤキ”以来という快挙は、この曲で'84年に訪れたかに思えたんですが、惜しくも2位止まり。。
彼女にとって不運だったのは、同時期に『バン・へイレン』“ジャンプ”、『シンディ・ローパー』“ハイスクールはダンステリア”、『カルチャー・クラブ』“カーマは気まぐれ”、『マイケル・ジャクソン』“スリラー”などなど強豪目白押しだったんですよ。
ちなみに、このアルバムは“英語バージョン”です。

続きまして『マイアミ・サウンド・マシーン』“コンガ”
20051026212743.jpg
MIAMI SOUND MACHINE / CONGA

“コンガ”は'86年2月、彼らにとって初めての全米トップ10ソングとなった曲です。
グロリア・エステファンと旦那のエミリオが中心のこのバンドは、バンド名を『マイアミ・サウンド・マシーン』→『グロリア・エステファン & マイアミ・サウンド・マシーン』→『グロリア・エステファン』と、名前を変えるごとに“出世魚”のようにチャートを駆け上っていきました。
そして、ついに'88年“エニシング・フォー・ユー”で、全米ナンバー1の座を射止めたのです。
キューバ出身の彼らのラテン系のリズムは年齢を問わず受け入れられますよね。

そして最後は『エイス・ワンダー』“ステイ・ウィズ・ミー”
20051026212721.jpg
EIGHTH WONDER / STAY WITH ME
ボーカルのパッツィちゃんは女優さんでもあります。
映画「リーサル・ウェポン2」でメル・ギブソンの相手役もつとめています。
パッツィちゃんはルックスも歌声も可愛いんですよぉ♪
この曲は当時、フジテレビのテーマソング?に使われとりました。
バブルに向かって浮かれていた時代を背景に「おもしろくなければテレビじゃない☆」がテーマのフジテレビはイケイケの時でしたね。
現・貴乃花親方の女将さんもこの頃、局の“看板アナ”だったなぁ。
ホリえもんは子供の頃、こんなフジテレビを観てて、憧れとったんだろうねぇ。
で、欲しくなったと…。。

てなわけで、自分の持ってる12インチ紹介はこれまで。
《なごやぶろぐ 80's》は、次回からは、80年代の音楽シーンを席巻した“80's プロモーションビデオ”で遊んじゃおっかなぁと思っとります。


『ネーナ』“ロックバルーンは99”の動画をどうぞ。。
スポンサーサイト

| 80's 12inch singles | 23:43 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagoyablog.blog25.fc2.com/tb.php/53-74e626bb

TRACKBACK

R.ケリー、その他の記事

| sakura4822 | 2005/11/08 12:36 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。